赤いパンツを染める方法

色あせてしまった赤いパンツを染料を使って再生する方法をご紹介しています。

赤いパンツを染める方法

ここでは、色あせてしまった赤いパンツを染料を使って赤く染めなおす方法をご紹介します。 

はじめに

 約3年ほど前に購入し、気に入っていた赤いパンツですがじょじょに色あせてしまい、なんだか朱色に… 

f:id:maaaaasashi:20170715140728j:plain

f:id:maaaaasashi:20170715140731j:plain

購入当時は真っ赤でとてもカッコよかったパンツだったので、何とか復活させたいと思い、今回はじめて染料を使い衣類を染めてみることにしました。

 

 

おおざっぱに作業の流れを書きますと、約6リットルのお湯に塩と染料を入れて服を漬けておく。といった感じです。

詳細な作業方法は下に書いておきますが、特に手に入れるものが困難なものはなく、誰でもとても簡単に染めることが出来ますので、ぜひパンツに限らず色々挑戦してみてくださいね!

 

染める前に用意するもの

まず用意するものは以下です。 

  1. 染料
  2. バケツ
  3. 塩250グラム
  4. かき混ぜるもの(割りばし or ゴム手袋)

 こんな感じですね。

 

それではまず①の染料からご紹介していきましょう。 

今回このページで使用した染料はこちら↓

DYLON プレミアムダイ (繊維用染料) 50g col.36 チューリップレッド

新品価格
¥503から
(2017/7/8 23:54時点)

ダイロン・プレミアムダイという染料Amazonで購入できます。

カラーバリエーションは豊富でご興味のある方が多いと思いますので、このページの最後に各色のリンクを貼り付けておきますね。

 

ちなみに1袋で染まる量の繊維は約250g (Tシャツ約2枚分)。


染まるものは、綿・麻・レーヨン (ウール、シルクはやや薄い染め上がりになります)

染まらないものは、ポリエステル・アクリル・ナイロン・特殊加工が施されたもの。

染めた後に確認してみたのですが、私が染めたパンツはコットン(綿)が97%・ポリエステルが3%と表記されていました。

 

で、次の②のバケツ。

まず6リットルのお湯が入るバケツを用意します。 

イノマタ化学 なるほどバケツ8L アクアグリーン

新品価格
¥403から
(2017/7/8 23:43時点)

けっこう大きいものですよね。

 

パッケージ裏の説明書を見ると、塩250グラムを6リットルのお湯(40℃)に溶かし染料を入れよく混ぜます。と書いてあります。

6リットルのお湯を入れ、そこにパンツなどの衣類を入れ、さらにかき混ぜるとなると、やはり最低でも8リットルサイズのバケツが必要になるかと思います。

私は洗車用のバケツを持っていたのでそれを使いましたよ。

 

で、次の③の塩。

伯方の塩 焼塩250g

新品価格
¥194から
(2017/7/9 00:12時点)

Amazonで「塩250グラム」と検索し一番安かったのがこちら。

 

どうやら衣類を染めるのに塩を250グラム用意しなければならないらしく、自宅で使っている塩を使えばいいというお話なのですが、量を計る手間を考えたらコレを買って全て入れてしまえという発想です。

 

で、次の④かき混ぜるもの。

染料を溶かしたお湯にパンツなどの衣類を浸けている間、はじめの15分間はかき混ぜていなければなりません。(私はやりませんでしたが笑)

染ムラを無くしたりするのがこの作業の狙いなのだと思いますが、やはりかき混ぜ続けるにはゴム手袋をして混ぜるのが良いでしょう。

プリティーネMサイズ レッド

新品価格
¥229から
(2017/7/9 00:26時点)

というか、この染料が手に触れると赤く染まってしまい、染料なので当然なのでしょうが、なかなか落ちません(汗)

なので、ひじくらいまである長いゴム手袋が良いでしょう。

 

私は要らないやと思い、割りばしでツンツンして混ぜましたよ。

用意するものは以上です!

 

作業の流れ

次に作業の流れはこんな感じ。

  1. お湯(40℃)を沸かしバケツに入れる
  2. 染料と塩を入れる
  3. パンツを放り込んでかき混ぜる
  4. 45分間浸けおきする
  5. 水洗いして干す

ものすごく簡単にできます。

 

それではご説明していきますね。

まずバケツに約40℃のお湯を6リットル分つくります。

f:id:maaaaasashi:20170715140733j:plain

f:id:maaaaasashi:20170715140738j:plain

その6リットルのお湯の中に塩250グラムと染料を入れます。

f:id:maaaaasashi:20170715140742j:plain

f:id:maaaaasashi:20170715140744j:plain

f:id:maaaaasashi:20170715140746j:plain

よくかき混ぜ準備OK!!

 

この液体の中に色あせて朱色になってしまった赤いパンツを投入していきます。

f:id:maaaaasashi:20170715140747j:plain

こうやってみると本当に色あせています…。

 

ちなみにパッケージの裏の説明書には、染めるものは洗って汚れやノリを取り除き、濡れた状態にしておきます。って書いてありました(笑)

私は全くコレを読まずにガンガンに乾いた状態で投入いたしておりました(笑)

f:id:maaaaasashi:20170715140750j:plain

f:id:maaaaasashi:20170715140751j:plain

キレイに染まっておくれよ。

 

ちなみにパッケージの裏の説明書には、染めるものは広げて入れてくださいって書いてありました(笑)

私は全くコレを読まずにガンガンに折り畳んだ状態で投入いたしておりました(笑)

 

パンツの投入後、はじめの15分間はしっかり混ぜ続けないといけないようですが…

f:id:maaaaasashi:20170715140753j:plain

私はダルかったので割りばしでたまーにツンツン(笑)

f:id:maaaaasashi:20170715140755j:plain

15分後、すでに赤くなっているようです。

その後はムラにならないように時々かき混ぜながら45分間浸けおきます。

 

約1時間ほどじっくり浸けこんだら水洗いです。

f:id:maaaaasashi:20170715140756j:plain

 しっかりとすすぎます。

f:id:maaaaasashi:20170715140758j:plain

かき混ぜるときに使っていた割りばしも、しっかりと染まっているようでした。

 

あとは脱水後、陰干しします。

f:id:maaaaasashi:20170715140800j:plain

f:id:maaaaasashi:20170715140802j:plain

うん、赤くなってるっぽい!!

 

染める前と染めた後

乾いたらこんな感じになりました。 

f:id:maaaaasashi:20170715140804j:plain

f:id:maaaaasashi:20170715140806j:plain

大成功ですね!!

 

下の写真が染める前 。

f:id:maaaaasashi:20170715140728j:plain

そして染めた後。

f:id:maaaaasashi:20170715140804j:plain

買った当時の真っ赤さが取り戻せて大満足です!

 

今回使用した染料

最後に、ダイロンのプレミアムダイシリーズのカラーバリエーションはこちら↓

 

DYLON プレミアムダイ (繊維用染料) 50g col.36 チューリップレッド

新品価格
¥503から
(2017/7/9 01:11時点)

 

DYLON プレミアムダイ (繊維用染料) 50g col.30 インテンスヴァイオレット

新品価格
¥556から
(2017/7/9 01:11時点)

DYLON プレミアムダイ (繊維用染料) 50g col.29 フラミンゴピンク

新品価格
¥650から
(2017/7/9 01:12時点)

DYLON プレミアムダイ (繊維用染料) 50g col.26 オーシャンブルー

新品価格
¥529から
(2017/7/9 01:13時点)

DYLON プレミアムダイ (繊維用染料) 50g col.05 サンフラワーイエロー

新品価格
¥556から
(2017/7/9 01:13時点)

DYLON プレミアムダイ (繊維用染料) 50g col.03 トロピカルグリーン

新品価格
¥556から
(2017/7/9 01:13時点)

 

DYLON プレミアムダイ (繊維用染料) 50g col.21 バハマブルー

新品価格
¥503から
(2017/7/9 01:34時点)

DYLON 繊維用染料 プレミアムダイ Col.12 ベルベットブラック

新品価格
¥496から
(2017/7/9 01:34時点)

これらはホンの一例で他にもこんなにたくさんの色がありました。

f:id:maaaaasashi:20170715140808j:plain

f:id:maaaaasashi:20170715140809j:plain

 

下の画像はダイロン・プレミアムダイを使った参考作品だそうです。

f:id:maaaaasashi:20170715140810j:plain

こんなキレイに染まるなら色々試してみたくなりますね。

着なくなってしまった古着なんかをリメイクしてみるのも面白そう。

 

一応、Amazonでの購入ページもリンクしておきますね。

⇒ ダイロン プレミアムダイ

 

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。